« カワハギ解体ショーでうまい煮物を食べる | トップページ | そうだ、等々力渓谷に行こう »

ダチョウ肉のフライというか何というか

なんか自分のブログを見なおしてみると、妙に料理関係の記事が多いのに、今日気付いてしまった。
カレー作ってないよオイコラと言われるかもしれませんが、カレーしっかり作ってます。
なにしろグリーンカレーペーストが20人前もあるので、消費しないと悪くなってしまうから。
それに釣りは、平日行けないし。だって仕事があるから。
じゃあ土日はどうよ、と言うと、先週は良かったけれども、いつも狙ったように土日は天気悪そうで、なかなか海辺でのんびり、というわけにはいかない。
そんなら仕事の話はどうよ、というとねえ。
これ書いてるの、大抵仕事から帰って来てからなんですが、仕事で疲れて帰って来たのにまた仕事の話をするのは、何か報われないものがあるような気がして。
それに機密事項やら何やらで、突っ込んだ話は全然書けないとおもうし。

でも、だからといって忙しいよぅ、うわぁん、なんて言ってばかりいるのも寂しいものです。
ならばせめて、できる範囲でエンタテイメントを求めようと考えると。
となると、いろいろ料理にチャレンジして、あー、うわー、ぎゃー、とか言いながら作るのが楽しみになってくるんです。
だから料理の話題が多いんだな。うむ。

で、土曜日の釣りの帰り道なんですけどね。
高速道路を走っていて、どうにも疲労で眠くなってきたんで、小休止ということで、市原サービスエリアに止まったんですよ。
そしたら。
1_31
これを見て、一気に目が覚めた。
ダチョウですよダチョウ。

とにかく店内に突入だ。
3_23
ダチョウダチョウダチョウ……
と、一番奥にあった。
ダチョウ食品がずらりと並んでるよ。
4_23
フィレ肉、ダチョウカレー、ダチョウソーセージ、ダチョウ餃子なんてものまである。
あー、どれもこれも食べてみたいー。はっきり言って悩むよこりゃ。
5_22
うーむ。これが一番食べやすそうな形をしているけれどねえ。

というわけで、ダチョウ食品コーナーの前でしばし悩むこと5分くらい。
ちなみにここに置いてあるダチョウ食品は、茨城にあるダチョウ王国という国からの直送品らしいです。
そういや、あの国には一年前にドライブに行ったことがあったのを思い出した。
あそこにいるダチョウ達はかなり人懐っこくて、何十羽も後ろから追いかけてきます。

6_19
で、悩んだ末に何を買ってきたかというと、やっぱ肉そのものがいいやとおもって、フィレ肉。
ちなみにレアでも食べれるそうです。
ていうか、あまり火を通しちゃいけないそうです。
火を通しすぎるとダチョウのありがたみが消えてしまうんだそうです。
そんな事言っても、どの辺がありがたいのか良く分からないです。
買ってきたはいいものの、いざ料理しようと思っても、どうやって食べたものか悩む自分。
とりあえず。
そうだな。
最近、哺乳類の肉の揚げ物を食べてなかったから、フライを作ってみよう。

7_19
というわけで、こんなふうに、一口サイズに切断してみます。
あとはフライを作るわけだから、小麦粉と卵とパン粉……
と思ったら、ありゃりゃ、卵が無いです。
仕方ないから、コツのいらない天ぷら粉を水でといて、肉を付けて、それにパン粉をまぶして揚げてみました。
揚げる過程そのものは、ごく普通のフライと一緒なんで、写真省略であります。
だいたい、揚げ物しながら写真を撮るのは至難の業だってばさ。

8_17
というわけで、完成!!
まずは一口。

おお。これわ。
鶏肉って感じじゃない。
むしろあれ。牛肉に近いよ。
何もいわずにこの肉だしたら、ほとんどの人が牛肉と勘違いするんじゃないだろうか?
うまいよこれ。本当うまい。

しかしダチョウ王国は遠い。市原サービスエリアも遠い。
浦安でダチョウ肉売ってないかなあ?

というわけでダチョウ肉情報、求む。

|

« カワハギ解体ショーでうまい煮物を食べる | トップページ | そうだ、等々力渓谷に行こう »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98333/2119009

この記事へのトラックバック一覧です: ダチョウ肉のフライというか何というか:

« カワハギ解体ショーでうまい煮物を食べる | トップページ | そうだ、等々力渓谷に行こう »