« パンプリンが炊飯器で炊けた | トップページ | ぼく、らすかる 第二巻 »

マゴチ(らしき魚)に仕掛けをぶちっと切られる

24日の天気予報は、曇り、風は穏やか。
というわけで、例の釣り行きたい症が発症し、これを治療するには富浦で釣りをする以外の方法はあり得ない。
というわけで、言ってきました富浦湾。
つりボートおきむらのポイントもずいぶん溜まってきましたよ。

で、釣りに行くからには、ターゲットというものを定める必要があるわけです。
今回のターゲットは、基本キス、本命マゴチとかヒラメとか。

例によって、前日はあまり眠れなかったりするわけですが、とにかく午前2時半に起床して、いざ車に乗って富浦にレッツゴー。
途中で携帯電話を忘れたことに気付いて引き返したりしたトラブルもあったわけですが、午前5時半には、無事に富浦湾に到着。
1_41
これは出船直前の光景。いつみても壮観。

2_34
これは、ボートが並んでいる所の右側の写真。
今日は海が穏やかなので、あの岬の向こう側にまで行ってやるらしい。
南無谷(ナムヤ)という場所なんだそうだ。

3_32
さて、釣り場に移動中。仕掛けを用意しますです。
この竿は、前回、折れてしまった竿の後継者。「二代目ごんずい丸」
期待してるよ、君。

というわけで、現場に到着してから、いつもの作戦を決行したわけです。
すなわち、一本の竿で通常とおりキスを狙います。
仕掛けは、普通の市販のボート用仕掛けで。
そしてもう一本の竿にマゴチ仕掛けをセットし、バケジャコをつけてみるわけです。
4_32
これがバケジャコ。大きさにして4cmくらい。

ちなみに前回から、バケジャコだけ行方不明になる事件が多発したので、今回はその原因を探るべく、ちょっとだけ釣り方変更。
いつもは重りを海底につけていたけど、今回は重りを海底から60cmほど浮かせた状態にしておくと。

で、さっそくバケジャコ仕掛けを投入したら、1分後、いきなりアタリがやってきましたよ。
ぐいー、ゆるゆるという、なんとなくやる気のないアタリ。
この感覚は、なんていうか、あれですか。怒ると膨らむ魚。
5_32
やっぱり。
これで、バケジャコを奪っていくのが何者なのか、正体が分かりました。
クサフグだよ。クサフグだったのだよ。あああ。
マゴチとか狙いたければ、やっぱりハゼとか付けて泳がせ釣りしないといかんという事らしいですよ。
しかしねえ。バケジャコ10匹買ってきちゃったしねえ。
前々回、アナゴが釣れた実績もあることだし、まずはハゼとか小さいキスとか釣れるまで、バケジャコ使い切っちゃえ。

と思ったら、アタリ第二波到来。
こんどはやる気があるアタリだ。フグとは違うのだよフグとは。
しかしこのアタリも、どっかで覚えがあるような。
ええと、パワーこそあれど、この引き方……
6_25
上がってきたのは、なんと、23cmのでかいキスだった。
キスがバケジャコ食っちゃった!?
そりゃ初耳ですたい。
でも本当にバケジャコに食ってきたよこの魚。
バケジャコって、本当にいろんな魚に愛されてるんですなあ。

で、キスはいっぱい釣れるけれど、ナムヤという場所は、どうもでかいのが多いらしく、なかなかマゴチ狙い用の小さいのが釣れて来ない。
それはそれでいい事かもしれないけれど、午前10時を過ぎるまで、小さいのが全然かかってこないのです。

と思ったら、やたら強烈なアタリが来た!
これはカワハギ!?
と思ってぐいぐい引っ張ったら、途中で引きがなくなった。
ありゃりゃ、バラしちゃったか?
と思ったら、また引きが。強いよこいつ。
と思ったら、またぐったり。
抵抗したら諦める。この繰り返し。
なんだこいつは。
その正体は、
7_27
ベラ。けっこうでかいベラ。
ベラは釣れてもリリースする人は多いけれど、煮付けにすると、けっこう美味しいから、我が家では、キスより人気の魚だったりする。
よってキープ。

で、しばらくしてから、釣れなくなったなあ、場所移動しようと思って竿を上げると、
8_22
イイダコが釣れてたりする。
ゆでだこにすると美味しいので、これももちろんお持ち帰りさ。

さてその後、ようやく10cmくらいのハゼが釣れたので、そいつを使ってようやくマゴチ用の泳がせ仕掛けをセットアップ。
投入。
しかし時間が12時過ぎ。
つりボートおきむらは、午後2時になるとお終いなので、あと2時間。
2時間じゃあ駄目だよねえ。
と思いながらも、わずかな可能性にかけて泳がせとく。
あとはぼけーっと、キスの釣果を増やそうと思っていたら。

12:30

マゴチ仕掛けが、ボートの動きとはかんけいない方に、ぐいー、ぐいーと引っ張られる。
ん?
と思って竿を持ってみる。
ぐいー、ぐいーとくる。
マゴチは、最初にぐいーと引っ張るらしい。でもそこであわせちゃいけないらしい。
おもいきり引きずり込まれた瞬間にあわせると針掛かるらしい。
で、来た。
おもいきり引きずり込まれた。
ぐっとあわせてみた。
えらいパワーで引っ張られたよ、うおお、来た、これがあのマがつく、メじゃないほうのコチってやつですか、きたきたきたあ!
おおう、魚影が見えてきましたよ、この姿はエイじゃないよ、マゴチっぽいよ。でもサメかもしれないけれど、とにかく普通の魚っぽいデザインのが見えてきたよ。
網用意!
でも重くて竿を両手でかかえてないと駄目だ。
だれか網用意!
残念、ボートにいるのは俺一人!
仕方ない、どうにかやつを水面近くまで引っ張って……
と、その時。

バギン!!

と音がして、仕掛けのサルカン部分が破断し、逃亡されてしもうた。

無念。
しくしくしく。

もはやこれ以上書かなくても、その悲しみは説明不要と言えよう。
目測50cmオーバーくらいだと思う。
ああああああああ。
うううううううううう。

しくしく。

ちなみに本日の釣果。
9_11
みてのとおり、でかいキス4匹いらっしゃいます。
普通に満足すべき釣果だったと思うんですが、
あああああああ。
逃げられた。巨体に逃げられた。

というわけで、次回は装備を整えて、マゴチ狙い一本で攻めようと思います。

|

« パンプリンが炊飯器で炊けた | トップページ | ぼく、らすかる 第二巻 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98333/2368803

この記事へのトラックバック一覧です: マゴチ(らしき魚)に仕掛けをぶちっと切られる:

« パンプリンが炊飯器で炊けた | トップページ | ぼく、らすかる 第二巻 »