« 水辺の景色からPart2 | トップページ | アジアビューティーエキスポの準備をしてきたお話 »

ヘアカラーシミュレーションシステムってやつ

昨晩は午前零時過ぎに帰宅してしもうた。
夜遅い理由な何であるか?
そりゃ仕事が忙しいからだよん。
じゃあ何の仕事なのか?
仕事の話は、あまり面白くないから、なるべく書かないようにしている……
と言いつつ、今の仕事は、話的には面白いかもしれない。
そのうえ、書いちゃいけない事ではないらしい。
というわけで、書いちゃえ。

自分は、わりと硬い業界向けのデータベースやらWEBやらネットワークやらといった案件の仕事をメインにやっておりました。

でも最近、美容室向けのシステムの仕事もやる事になって、その経緯で、ヘアカラーシミュレーションシステムというのを作りました。
ちなみにヘアカラーだけでなく、リップとかファンデーションとかもできます。
これ、じつは今年のズームイン朝とか、アド街とかで紹介されたりした事あったものです。

どんなふうに使われるかというと、
・美容室にお客さん来店
・顔の撮影
・ヘアカラーシミュレーション実行
・いろいろと色変えて、これが似合うから、こんな感じにしてね、とか頼む
という、つまり美容師のための道具なんですはい。

で、現物は今、どこで動いてるのよと言うと、表参道ヒルズのB2Fのimaii colore店で、こうしてる今も稼働中です。

自分で言うのも何ですが、こいつはかなりの優れものです。どの辺りがスグレモノかというと、
・撮影した映像から、髪の毛、うち毛の明るい部分、暗い部分、肌を完全自動で分離認識。多少は微調整が必要かもしんない。でも95%以上のケースで調整不要。
・だから撮影した直後に、髪の毛を選択するとか、顔を選択するとかいう、フォトレタッチソフトじゃ当たり前な操作が一切不要というわけ。
・あとシミュレーションした画像がリアル。さすがに鮮やかすぎる色を塗ると、かつらっぽく見えてしまうけれど、大抵の色合いなら、本物に極めて近い色合いを再現可能。
といったとこですか。

自分はこのシステムのうち、GUI全般とカラーチェンジエンジンを担当しましてですね。
一応、画像処理の知恵とかもあるんで、何とか作れた次第です。

で、6/19と6/20に、東京ビッグサイトで、第5回アジアビューティーエキスポっていうのがあって、それに展示されるんですよこれ。

繰り返しになるけど、自分で言うのも何ですが、こいつはかなりのスグレモノなんで、見に行ける方は、ぜひ見てやってくれないかなと。

|

« 水辺の景色からPart2 | トップページ | アジアビューティーエキスポの準備をしてきたお話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98333/2256023

この記事へのトラックバック一覧です: ヘアカラーシミュレーションシステムってやつ:

« 水辺の景色からPart2 | トップページ | アジアビューティーエキスポの準備をしてきたお話 »