« 刑部岬へ気ままな一人旅の記録 | トップページ | 5.14アナジャコ釣りの巻 »

炊飯器でどら焼きを作る

日本人なら誰もが、でっかいどら焼きを、突発的に食べたくなることがあると言われています。
いや、それはどうだか知りませんけれど、とにかくどら焼きが食べたくなったんだもん。
自分にとってのどら焼きは、どんな食べ物かといいますと、
・国民的猫型ロボットの大好物
・牛乳と共に食べると甘味が倍増する不思議な食べ物
・一人1~2個まで! と母上に制限される、チーズケーキよりは規制が緩い食べ物
とまあ、こんな感じです。
規制緩和が流行りの世の中、どら焼きの規制も緩めちゃっていいんでないかと。
そして、どうせ緩めるなら、炊飯器シリーズを飾る食事にすればいいんでないかと。
こうして、炊飯器どら焼きプロジェクトがはじまったわけです。

1_6

これが今回の食材。
薄力粉
砂糖

しょうゆ
卵3個
ベーキングパウダー
あと、写真にないけれどはちみつ。それから最終工程で必要になるサラダ油もね。

2_3
どら焼きの素を作るために、ボールが必要なんですが、諸般の事情でボール使用不能なため、代わりに鍋をチョイス。

3_2
この鍋に、薄力粉200グラムを投入する。
秤できちんと測定して投入したけれど、けっこうな量になり、ちょっとびびる。

4_2
続いてベーキングパウダーを投入。
小さじ2と1/4を投入する必要があるらしい。多すぎたり少なすぎたりすると、どうなるんだろ?
ちょっとだけ、多く入れる誘惑にかられる。でも頭を振って誘惑撃退。

5_1
そしてごりごりとかき混ぜます。だいたい均等になったなぁ、と納得できるまで。
そう、自分が納得するまでやることが大事なのです。

6_2
続けて砂糖を90グラム。計量カップ内にあるのが砂糖です。
入れすぎはダイエットの敵、と言われていますが、あまり敵を作るのも何ですね。気にしちゃいけません。

7_1
隠し味の塩を、おおむねひとつまみくらい投入します。
ひとつまみ、と言っても、人によって指の太さは違うわけで、太さによって量が変わってくるわけで。
小さじ1/4くらいが自分のひとつまみっぽいんで、それくらいで投入。

8_1
続いてはちみつを入れます。食材は安心の国産をチョイス。
アカシヤです。アリガタヤ。

10_1
続いて隠し味のしょうゆ。黒酢じゃないよ。小さじ一杯です。

11_1
さらに卵を3個入れます。

12_1
そしてかき混ぜる……が……重い。
なんという重さだ。軸が折れそう。
というあたりで、あれを入れるのを忘れたことに気づいたのです。そう、あれ。

13_2
計量カップにあるのが、あれ。水です。水を100cc入れるのを忘れてました。

14_2
軽くなった! ほらこの心地よい泡立て器の動き!
納得いくまでかき混ぜます。自分が納得したのは10分くらいかき混ぜた辺りです。

15_1
ここで前回に引き続き、まる釜氏の登場です。
どら焼きの出来不出来は、貴方の腕にかかっている。

16_2
内釜に、サラダ油を薄くぬります。
塗らないと、どら焼きが内側に引きこもってしまい、取り出すのに一苦労です。

17_1
どら焼きの素を投入します。パンケーキっぽい香りがします。
ここに来て、自分は、どら焼きというよりパンケーキそのものを作っているような気がしてきましたが、それは考えないことにします。

18_1
白米の普通炊きモードにして炊飯開始。
炊きあがったら、再度、炊飯します。まる釜氏のパワーでは、二度炊きしないと固まってくれません。

19_1
そしてこれが、炊飯開始から1時間20分くらいあとの姿。
固まってます。そして香りはどら焼きそのものです。

20
これがお皿に移した姿。チーズケーキと違って、お皿に移すのは簡単お気楽です。
あとは中心を真っ二つに切り開き、あんこを入れれば完成!
……ですが、あんこの手配をしていなかったので、今回はあんこ抜きのどら焼きということで。
あ、あんこ無しでもじゅうぶん美味しいです。

さあ、どら焼きを食すスタイルは人それぞれ。巨大どら焼きを堪能してくだされ。
牛乳と共に食べるのが好きな自分です。

|

« 刑部岬へ気ままな一人旅の記録 | トップページ | 5.14アナジャコ釣りの巻 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98333/1786057

この記事へのトラックバック一覧です: 炊飯器でどら焼きを作る:

« 刑部岬へ気ままな一人旅の記録 | トップページ | 5.14アナジャコ釣りの巻 »