« アカエイの泥棒焼き(ていうか泥焼き) | トップページ | 今週末はカレー研予告 »

炊飯器で作る芋きんとん

昨晩はエイの泥焼きなんてものを作ってみて、ブログ書いて、ほっと一息。
ついたところで、過去ログが意外と探しにくいことに気づいてしもうた。
よって、過去ログを見やすくする方法を、入浴中に考えてみた次第。
これがカレー研エクスプローラ。どうだろう、ちょっとは過去ログ見やすくなったかのう?
ちなみに風呂やトイレという空間は、人間のイマジネーションを活性化させる空間というのが自分の理論であり、このブログやホームページの構想が生まれたのは風呂かトイレであります。

で、今日は浦安駅のすぐそばの西友に買い物に入ったところ、さつまいもが売っておりました。
さつまいも。
自分の場合は芋を見ると、料理して、芽だけ栽培して再生産できるという、某ラピュタのように、何度でも蘇るさ、人類の夢だからだの食物であります。
そんなさつまいもの王道たる食べ方は、当然ながら焼き芋です。

余談ながら、ある夜の帰り道、道端に焼き芋屋がいて、とっても焼き芋が食べたくなったんで近寄って行ったことがありました。
なんだかおばちゃん2人がわいわいやってて、話しを聞いていると、
「私がお金だすから、奥さんはいいのよ~」
「ああら奥さん、それじゃ悪いわよ、私が出すから」
「いえいえいいえ、せっかくだから私が出すわよ~」
と、笑顔で骨肉の争いをされておりまして。
争いは10分ほど続き、ようやく割り勘という痛み分け、もとい結論に落ち着いたらしく、おばちゃんは去っていきました。
やれやれ、ようやく自分の番かと思って
「焼き芋1個!」
と言ったら、焼き芋屋のおやじは、
「今日はおしまい」
だと。
おいおいちょっとそりゃないよ、俺、あなたの目の前で待っていたんですよ、おばちゃんに売ったらおしまいだって言えば、わざわざ骨肉の争いを見ながら待たなくてもよかったじゃんと。
という、なんだか不愉快な思い出があって、そういうのをしみじみと思い出したりしたわけです。

もう焼き芋屋には任せてられない。奇跡の食物は自分で料理しよう。
というわけで、芋を買って帰宅したというわけでした。

で、さっそく料理と思った次第ですが、どうせやるなら炊飯器シリーズを拡充しようと。
というわけで、色々探していたら、芋きんとんなるレシピを発見したので、これにチャレンジです。で、用意したのは、

1_19

さつま芋250g ・ りんご1コ ・ 砂糖大さじ3 ・ ミリン大さじ3 ・ 塩少々 ・ 牛乳180cc。
まずはさつまいもの皮をむかなきゃならんのですが、よく考えたらさつまいもの皮って剥いたことないんですよ。
いや、焼き芋の皮は剥いたことあるけど、生芋はねえ。
そんなときにはこれ、ピーラー!!

2_14

期待してるよ君。

3_12

うん、快適快適いとも簡単にズバズバいけます。

4_11

で、こんな感じにしちゃって、続いてリンゴをズバズバ。

5_11

こんな感じで切り刻み終わったら、今回もまる釜さんの出番となります。

6_9

まずはみりんを大さじ3杯分。最近、大さじ3杯というのが目分量でわかるようになってきました。

7_10

次なるは、砂糖を大さじ3杯。

8_8

とどめに牛乳。おいしい牛乳の名に恥じない味覚を期待してるぜ。

9_4

最後に、リンゴとさつまいもを入れます。

10_6

さあ炊飯開始だよ。がんばれまる釜さん。

で、たったいま炊飯待機中なんであります。
炊きあがったら、記事追加するんでよろしく……


というわけで、できました。
11_9

これはうまいっすよ、一日の疲れが綺麗に落ちます。いやー、生きててよかった!
しかも簡単に作れるときたもんだ。

ざまみろ焼き芋屋( ̄^ ̄)

|

« アカエイの泥棒焼き(ていうか泥焼き) | トップページ | 今週末はカレー研予告 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98333/1919879

この記事へのトラックバック一覧です: 炊飯器で作る芋きんとん:

« アカエイの泥棒焼き(ていうか泥焼き) | トップページ | 今週末はカレー研予告 »